ホーム > 受講生の声 > [中国語]通訳者養成コース:日本語母語話者と中国語母語話者が一緒に訓練するため、中国語ネイティブの訳出も聴くことができます

受講生・卒業生の声

  • 川村 明子さん

    川村 明子さんNEW

    中国語通訳者養成コース
    基礎科2

一覧に戻る

日本語母語話者と中国語母語話者が一緒に訓練するため、中国語ネイティブの訳出も聴くことができます

【プロフィール】

専門学校で中国語を学び、卒業後、北京に1年間留学しました。帰国後は仕事をしながら中断することもありましたが、中国語学習を続けてきました。仕事で通訳や翻訳をした時に自己流で自信が持てず、基礎から通訳の勉強がしたいと思い、ISSインスティテュートの門を叩きました。

ISSインスティテュートを選んだ理由、講座選びのポイントをお聞かせください。

受講相談会や体験レッスンなどで講師や学校の雰囲気を知ることができたことや、教務の方が親身になって話を聞いてくださったことなどから、ISSインスティテュートで通訳の基礎から学びたいと思いました。レベルチェックテスト後の評価内容には自分に足りないことの指摘があり、今後の指針となりました。

現在ご受講中のクラスでは、どんな分野の教材でどのような学習・訓練を行っていますか。また、受講を通して、特に勉強になると感じられる点や、ご自身で「伸びている」と思えるところなどがありましたら、教えてください。

教材の内容は多岐にわたり、先生からの訳出についてのアドバイスはとても勉強になります。原文を聞いた時は「理解し、イメージする」ことや、自習の際の訳出は録音して聞くことが大事だということも教わりました。また受講を通して、リプロダクションやサマライズ、ノートテイキングなどの通訳訓練の重要性を知ることができて良かったです。中国語力を向上させることはもちろん課題ですが、私は日本語から中国語に訳出する際に、少し長い文になると内容を記憶にとどめておけないことが悩みです。これらの訓練法を実践することで短期記憶保持力を鍛えられることがわかり、練習するようになりました。習得には時間がかかるとは思いますが、こつこつ続けていきたいと思います。

ISSインスティテュートで受講して、勉強以外でメリットがあったと思われることがありましたらお聞かせください。

母語である日本語力を高めること、事前準備のやり方など通訳をする上で必要なことを知ることができました。また、授業では日本語母語話者と中国語母語話者が一緒に訓練するため、中国語ネイティブの訳出も聴くことができます。

現在オンラインクラスをご受講いただいていますが、通学に比べてオンライン受講の方が良いと思われる点について教えてください。

授業終了後すぐに復習に取り掛かれるところです。以前、通学していた時には「帰宅後すぐに復習しよう!」と思うのですが、授業後の開放感からついつい自分に甘くなりその日のうちに勉強しないことが多々ありました。しかし、オンラインクラスであれば、授業終了後にモチベーションを保ちながらすぐに復習ができます。これはオンラインクラスならではの利点だと思います。

今後の目標をお聞かせください。

目標はフリーランス通訳者になることです。

TOPへ

Copyright(C) ISS Institute All Rights Reserved.