2016年12月開講集中コース募集START!お申し込み好評受付中!
 HOME > キャリアサポート > OJT体験レポート > File05
OJT体験レポート


バックナンバーはこちら


OJT体験レポートのバックナンバーはこちら

OJT体験レポート

『世界自然・野生生物映像祭』は2年に一度富山県で開催されています。今回も、世界の40カ国以上の国と地域から300本を超える作品が応募されました。その中から選ばれたノミネート作品の8作品の日本語字幕制作を映像字幕翻訳クラスの受講生が担当しました。
(右:映像祭開催ポスター)

前へ           次へ

受講生インタビュー


ノミネート作品「アナグマの驚異の世界」

宍戸奈津美さん
映像字幕翻訳・ワークショップクラス

大きな映像祭に関われ嬉しかった

作品:「アナグマの驚異の世界」のご紹介

では、続いて宍戸さん、大変お疲れさまでした。 同じご質問になりますが、作品名とどんな内容の作品だったか簡単にご紹介いただけますか?

  私が担当したのは、「アナグマの脅威の世界」という作品でして、イギリスのデボンシャーという、田園地帯に住むアナグマをとった作品なんですけれども、アナグマが地下に穴を掘って、ベルのような穴を掘って生活しているんですね、それを隠しカメラで撮影した作品なんですけれども、非常にかわいらしい姿が映っていて印象的な作品でした。



アナグマですか、かわいいですね。ご自身の字幕の入った作品は大画面でご覧になられましたでしょうか?いかがでしたか?

  普段字幕のお仕事をさせていただいているんですけれども、なかなか大きな画面で自分の作品を見ることがないので、非常になんというんでしょうか、うれしいというか緊張するというか、本当にいい経験をさせていただいたと思います。



では、今回の字幕作成されるにあたって、よかった点、苦労された点などをお話いただけますでしょうか。

  苦労は本当にたくさんしましたけれども、とにかくかわいらしい映像だし、映像を生かした字幕を作るにはどうしたらいいかということを一生懸命考えながら作りました。



ISSの授業はどのように役に立ちましたか?

  数え切れないぐらいあるのでどれかひとつというと、なんでしょうね、わからないですけれども。



今回のOJTのご感想をお聞かせいただけますでしょうか。

  まず第一に、非常に大きな映像祭にかかわることができてすごくうれしかったということと、自分の作品を大きな画面で見れたということ、それから、映像祭にはたくさんの製作者さんがいらっしゃって、その方たちのお話を聞けたことがとってもよかったと思います。



それでは、最後に今後の目標や抱負などございましたら、お話いただけますか?

  さらに勉強を続けていって、もっといい字幕が作れるようになりたいと思います。




宍戸さん、どうもありがとうございました。

では、最後に山口さん、大変お疲れさまでした。 >> 続きはこちら

前へ           次へ

資料請求・お問い合わせ
無料体験レッスン
レベルチェックテスト
受講申込書請求



 【ISSグループサイト】 通訳・翻訳のISS | 通訳・翻訳のISS人材派遣 | 
Copyright(C) ISS Institute All Rights Reserved.